てんつくマン

てんつくマンの合言葉は「動けば変わる。」

そして

「諦めるな。諦めなめれば、必ず奇跡は起こる!」

多額の借金を抱え、しかも周りの人たちがどんどん倒れてい行く。。。。

どん底に落ちて、毎日「死のう」。。。。。。

そう思っていた「てんつくマン」

「動いたから変わった。」「諦めなかったから今が有る。」

実際にその道を通ってきた彼の言葉には

重みがあります。

 

 

てんつくマンの講演 

これは1~7(それぞれ約10分)の4番目です。

時間を作って、是非1から順番にお聴きください!

「自分は映画を創りたかったんじゃなくて

めでたい世の中をつくりたかった。」

 

 

7年半かけて映画のPART1をつくった時に気が付いたことでした。

そこでNGO「MAKE THE HEAVEN」を設立。

今日までに中国での「植林」、カンボジアでの海外支援

香川県小豆島での農業などいろいろ活動してきました。

他にも「温暖化防止新聞」を3000部発行したり。。。。。

もちろんスムーズに事は運ばず、沢山の困難に出会ってきたのですが

同時に、沢山の奇跡が動き始めたのです。

 

余命宣告を受けながら、中国植林に参加した野見山先生は

帰国後、突然体調が良くなり、

走ることや夢を描くことで末期癌を克服した杉浦貴之との出会いから

自分もホノルルマラソン参加を決意!

 

さらにその挑戦に刺激された難病を抱えた仲間たちもホノルルマラソンに挑戦

 

人は時に、自分の事を無力だと感じます。

 

自分一人が何かしたところで「何も変わらない」と勘違いしてしまいます。

 

でも、この映画を観てもらえば分かります。

 

一人の力は微力かもしれないけれど

 

決して無力では無いことを。。。。。。

 

さらに互いが互いを応援し合ったとき

応援した人も、された人も、とんでもない力を発揮できるようになることも知るでしょう。

 

僕はカメラを回しながら

そして編集をしながら

人は素晴らしいし、世の中は捨てたものじゃない。」と

心から思いました。

 

この映画は愛知県にある自然分娩を奨励している吉村医院での

命の誕生からはじまります。

その一つの命が生まれるまでに、どれだけの人が

時には命を削りながら動いているのかを知るでしょう。

 

この映画は子供たちへのラブレターです。

きっとかっこいい大人を見て、

ヒーローはそばにいたんだ。僕もはやく大人になりたい。」

って思うでしょう。

 

是非、「めでたい世の中になったら良いなあ~」と

思う人はご覧ください。

 

そして、次は一緒に何かをしましょう。

 

by

 

てんつくマン

 

 

 

Create your own free website with Jimdo